ハハハ廃墟

サボタージュ

神戸

恐らく10年ぶりほどでしょうか、神戸の中華街へ行ってきました。 高架下を延々続く薄暗いシャッター商店街など、街並みの風情は素晴らしかったです。しかしまあ兎も角人が多く、歩けば歩くほどイラつきますし疲れます。 やっぱり廃墟がいいですね。しかしこ…

いまから1年以内にやりたいことリスト

・新興宗教巡り ・心理学検定の勉強、とりあえず何かしら級位を取る。 ・読書 ・ちゃんと大学の単位を問題ないレベルで取る ・寒いうちにまた廃墟を巡る ・アサガオ等での草遊び 随時追加

2016年まとめ 10月まで

まだまとめるには早いですがまとめたくなったのでまとめます。 1月 元旦に泥酔して近所を「死にたくない!」と叫びながら歩き回る。なぜか文句も警察も飛んでこなかった。 車の運転に慣れ始め、廃墟巡りが捗る。 2月 スノボ等楽しむ、19歳になって20歳まで残…

鳥取、廃ドライブインと若松鉱山

ここ数日全国的に天気が良くないですね。 なので引き籠るはずだったのですがなぜか一昨日朝から昨日まで一泊二日車中泊旅行をしていました。 島根で鬼の舌震という渓谷へ行き、眺めなどかなりよかったのですが書くことが思い浮かばないので割愛します、橋が…

湯の山温泉

三重県四日市より近鉄で30分、バスが10分ほどの場所に「湯の山温泉」という温泉街があります。 勿論普通の温泉街ではなく、下火も下火、山に沿って建つ旅館の数々は多くが廃墟化しています。 バスを降りて早速トマソンが出迎えてくれました。 辛うじて生き残…

夢の国

警備の手厳しさで悪名高い某夢の国へ行ってきました。勿論夢の国なので夢の話です。 最近所有が移動しただ何だので解体の危機が叫ばれており、もう今のうちしかないかなと。 結論から言いますと少なくとも昼間はやめたほうがいいですね。 まずウォータースラ…

世界平和大観音

淡路島の世界平和大観音へ行ってきました。 道中トラブルがあり炎天下のなか2時間ほど歩くなど、とても疲れました。 計画性のない旅行は大変です。 5階建ての台座部分の上に100mの大観音が在す様は圧巻です。台座までの道は見ての通り植物に呑まれてお…

ラスト スカイレストニュー室戸 室戸岬

桂浜を出発して行く先は一気に南方、室戸岬です。 道中「シャトー三宝」という西洋城風の廃墟があるのですがここは時間の都合上スルー、一気に室戸まで車を飛ばし「スカイレストニュー室戸」へ。 無茶苦茶に良かったです。 そもそもこの廃墟、構造が素晴らし…

3日目前半、ホテル皇邸、桂浜。

起きてすぐ廃墟へ、しかし1件目が正直微妙な感じだったので割愛して2件目から。 ホテル皇邸。建物もまばらになった中途半端な県道に建つラブホテルのお手本的廃墟です。回転式ベッドやら壁全部ガラス張りやら壁紙がキスマークやら、笑えるほどラブホテルで…

2日目、釣りと生臭晩餐会。

ヴァンガード竜口を発ち折角港町なのだから釣りをしようと。釣具屋へ。 店番の犬に吠えまくられていると「寝てました」といった感じの店主さんがやってきたので釣り玄人のふりをして「ここらへん何が釣れますか」と言ってからやり取りをしているうちになぜか…

高知旅2日目 ヴァンガード竜串

龍宮城を出発しすぐ次の廃墟へ。 行く先は丘の上から太平洋を望む廃墟、ヴァンガード竜串です。 廃墟になってからがずいぶん長く、内部はコンクリと骨組みが見えるばかりで、木造部分やら脆い箇所はすべて地に落ちグズグズになっています。 元の構造から一部…

GW高知の旅 1日目+2日目前半 四国カルスト~龍宮城

高知旅行行ってました。電車とレンタカーで。お金ないのに。バカ。 1日目、まず目指した先は四国カルストです。草と岩と天空と牛の世界は素晴らしかったです。しかし姫鶴荘(?)とかいう所でカツカレーを注文した所何故か30分ほど待たされ、なぜか俺達より…

廃墟三連撃 Nベン電

春が近づき、草木がドバドバと生え出すその前に行けるだけ行っちゃえという事で本日も廃墟ドライブをしてまいりました。 本日は3件です。マァ内2件は再訪ですが。 まず先日のN旅館です。 前回行きそびれた別館などを回りました。相変わらずベリグーですね…

広島車中泊旅1日目その二 松翠園&尾道城

うずしお観光ビルを後にし、半ば義務感的にご当地名物である尾道ラーメンをおいしく食べ、「さて尾道観光と洒落込むか」とて無計画旅行なので行く当てもなく。 とりあえず尾道なのだから坂を登ればいいじゃないと適当に車を飛ばし適当な処に止め。ぶらぶらと…

海と山と廃墟の旅in広島 うずしお観光ビル

前回1泊以上の旅行をしたのが多分去年8月の終わり、8か月ぶりの旅行に行ってました。免許を取ったのもあり今まで旅行=格安電車旅でしたが今回は車です。 やってみてわかったのですが一県またぐかまたがないか程度の中距離旅行なら車は非常にリーズナブルで…

不老不死と幸福について

【和歌山県立医大 小論文】 「人間が、20歳の時に自分の寿命を決めることができるとするならば、あなたは寿命をどう決めますか? 理由とともに800字で述べよ(100分)」 私はこのような状況に置かれた場合、寿命を無限、若しくは無量大数年と設定する。 先ず、…

今年初まってから何度かブログを書こうとしたのですが毎度500文字くらい書いたあたりでモチベーションが無くなり下書きばかりが溜まっています。ブログタイトルを変えれば何かやる気が起きるかもしれないとブログタイトルを変えましたが効果はわかりません。…

息巻く嫌悪もせず憤る馬鹿ボケ

人が嫌いではないし、人に嫌われたくないし、人に好かれたいし、彼女がびっくりするほど欲しい。 考えれば考えるほど自分に取り柄がない。輝かしい芽もなければわずかにぽつぽつと在るのかもしれない芽に水を遣る気概もない。そしてそれをどうにも肯定してい…

ハハハ一年ハハハ

2004年あけましておめでとうございます お陰様で7歳の誕生日を無事迎えることができそうです。 大晦日なのに暇なので、私の2003年を月ごとに分けて思い出してみたいと思います。 1月:受験生真っ盛りです。前半18日までは多分僕の人生で一番勉強した期間です…

VS 科学

僕たちがお勉強で習う限り「宇宙は138億年前に誕生した」となっています。そして僕たちは非常に大まかに宇宙の誕生から現在までの138億年を学びます。大体40分そこらで。 僕が生まれる100年前生まれた子供は多分そんな事知りません、当時の教育については詳…

VS 基本的人権

大学のレポートそのまま 憲法の改正とは憲法第96条に則り成文の憲法典の条項に修正・削除・追加あるいは新しい条項を加える等の変更を意識的、形式的に行うことを言い。憲法制定権力の制定が自然法に則る限り、この自然法の解釈により憲法の改正の限界は変化…

謎の強迫観念に駆られて書きました。

Fラン私立文系マンです。 入学からはや6か月、はや6か月の内に9人が除籍となったらしいです。 さらに籍はあれども単位をほとんど落とした学生、そもそも1つも取れてない学生、 もういっそのこと履修登録すらしてなかった学生を含めると30人ほどが学校…

舌を改造してウンコを美味しく食べなさい

十日ぶりです。パワー注入して楽しいので書きます。 不老不死になりたい欲求が高まってきたので人生の楽しみ方について書いていきます。 任せてください私は0歳から数え人生19年目のベテランです。ベテランはベテランでもそこらの20やら30やら無為に単純作業…

分の矛盾を認めます つまりあなたの言うとおりこれまでの発言は全て無意味です とあるフォロワーかがあなたから迷惑をうけていたので私が横槍を入れて邪魔をしていただけです その方はもう寝たみたいですし、私もこのあたりで降伏宣言をして寝ますね

モラルとは「倫理、道徳」の事だと申されます。 僕はこの二つが大好きです。お勉強していて楽しいし、楽しく頭を働かす事が出来る。 学校のお勉強でもこの二つに関しては真面目にやった記憶があります。特に倫理のお勉強をしたのは記憶に新しいです。 しかし…

オナニーデブ・殺すぞおじさん・キャバのキャッチ ダサイタマ 

旅行の続きです 富士山下山後、ホテルの予約をミスったことに気づきガストで3時まで過ごした後コインランドリーで仮眠を取り夜を明かしました。この度では2度宿無しの夜を過ごしましたが、こっちのが3倍くらいキツかったです。 そして翌朝、始発に乗り埼玉へ…

ガイジきもい

日本に生きる僕たちには生きる権利がありますね。社会的に直接的には害悪でしかないような障害者も「障害者かー、シめるしかないよなー」と言われても「まてまて僕は生きたい」といえば税金で生かして貰えます。健常者の立場からするとこれはムカついてしょ…

フジヤマ

5泊8日の旅行から帰ってきました。死にそうです。 最初の岡山からの移動の次の日富士のこと書きます。 岩場が好きなので富士宮ルート。 台風の影響か登山開始から8号目ほどまでずっとこんな感じで霧がかかっており、豪雨になったりなぜか下から水滴が吹き…

小便のみほうだい今だけ1000円

左でデブがうるさいです。そんなことはどうでもいい。 日本という国は法律なんかからも見て取れるとおり、言葉においては「当然」「最低限」「常識」としてほぼ不可能に近いことを人々に強いる風潮があります。 しかし実際にはやはり可能な範囲の事しかでき…

あの頃は良かった

youtu.be コレにハマってふと思いついたので書きます。 「あの頃は良かった」とよく聞きますね。 僕などはたかが18の子供ですが、そんなのでも思うのです。あの頃はよかったと。「しにたい」とばかり思っていた、ぱっと見唯唯不幸な時期すら輝いて見えるの…

山登りについて

山登りが趣味です。 とは言え大した山には登りませんが。 登山の醍醐味について僕は昔、「高い山に登ること」「達成感」だと思っていました。おそらく登山趣味の方のほとんどはそうなのでしょう。 僕の醍醐味は「死ぬかもしれんなコレ」という感覚を味わうこ…