ハハハ廃墟

サボタージュ

このURLをクリックすると恵まれない子供たちに100円が与えられます。

明日から免許合宿へゆきます。16日ほど多分ブログは書きませんね、スマホからだと面倒なので。

18歳になり大学生になり、周りの人々がどんどん免許を取っていきますね。大学入学直後に既に取ったって奴もいれば、もう4ヶ月以上免許取るのに時間かけてんじゃねえかって奴もいます。

同級生の車に乗せてもらい、手放し運転やら信号無視やらをバリバリやってるのを見て「まぁ車の運転っつってもそんなもんでええんかね」と思ったり。

それにしても高いですよね、教習は。足元見やがって。

車に乗れるようになるとですね、自分が人生に絶望したとき最後の最後「法律」が消えるゴールデンタイムに出来ることの幅がグンと広がります。

まずシンプルに道連れを増やせます。駅前の交差点の人だかりに突っ込むだけでたくさん死にます。

次に誘拐ができます。最後に童貞卒業してしにたいって人なんかにこれは嬉しいですね。

そしてそのゴールデンタイムを伸ばす効果もあります。足があるのとないのとじゃ全然違いますね。

こういう風に「自分が死んだときはどうしてやろうか」みたいな妄想をするのは一見陰湿で病的に見えますが、意外とこれが精神にイイんです。

こういう妄想は自分がどうしようもなくなっても希望があるという希望の希望になります。ソレを持っていると心が少し自由になれるのです。

「いざという時はこれがある」ってモノを持っているのは良いことです。

猟銃免許も取りたいのですがこれは中々面倒で、きっと大学卒業後になるでしょう。

f:id:B_GN_ihsoy:20150713213601j:plain