ハハハ廃墟

サボタージュ

フジヤマ

5泊8日の旅行から帰ってきました。死にそうです。

最初の岡山からの移動の次の日富士のこと書きます。

岩場が好きなので富士宮ルート。

f:id:B_GN_ihsoy:20150903043952j:plain

 

台風の影響か登山開始から8号目ほどまでずっとこんな感じで霧がかかっており、豪雨になったりなぜか下から水滴が吹き付けてきたりとなかなかにハードな天候でござりました。

そして8号目過ぎたあたりから頭痛が、高度とともに頭痛の痛みも増して行き、さらに吐き気、倦怠感、めまいがセットでやってきました、典型的な高山病でした。タカヤマ病じゃないです。

しかしまぁぼちぼちと登るうちに9号目まで着き、高山病は兆候が現れたら休み休み下山するのがよろしいらしいのですがそれじゃバス代がもったいないということで無理やり登ってみたのですが、富士山って登山客多くて道を譲り合ったりするんですよ、これがまたやっかいでクソ野郎が「どうぞ」面して険しい方の道だけ開けて緩やかな道にツッ立ったりするんですよね、これすごくムカつきました。

まぁそんなこんなで頂上です。三千八百ナンタラメートルです。雲を抜け天気も晴れ晴れです。

f:id:B_GN_ihsoy:20150903044939j:plain

それにしても雲海ってサイコーですね、いつものポーズのションボリ感からも見て取れるように体調は完全にクソだったのですが、頭の中ではTop of the worldが大音量で流れてるくらいテンション高かったです。気分はれやかでした。

f:id:B_GN_ihsoy:20150903045307j:plain

とはいえ頭痛がヤバかったので早々に下山をばと思い下っていったところ、なんででしょうね、むちゃくちゃ速い速度で日が暮れてきました。

f:id:B_GN_ihsoy:20150903045510j:plain

先ほどの頂上で写真を撮って40分~1時間程度でコレです。

f:id:B_GN_ihsoy:20150903045543j:plain

左を見れば月がキレイに昇っています。この写真すごくお気に入りです。

しかし雲海の上から見る夕暮れに感動してる暇もなく日はどんどんと落ち、8号目~7号目区間を下っている頃には周囲が真っ暗闇に包まれました。

しかし懐中電灯は重いので持ってきてない上、杖も重いので持ってきてない僕達は大変です。この時は本当に焦りました。

しかしなんだかんだ2時間ほど暗闇を彷徨った後無事下山でき、最後には6号目でパワーを補給してでかい声で歌いながらバスのり場まで歩いて行ったあたりで記憶が消えています。まぁ怪我がないのでよしです。でも高山病マジで辛かったです。二度と登りたくないです。