ハハハ廃墟

サボタージュ

オナニーデブ・殺すぞおじさん・キャバのキャッチ ダサイタマ 

旅行の続きです

富士山下山後、ホテルの予約をミスったことに気づきガストで3時まで過ごした後コインランドリーで仮眠を取り夜を明かしました。この度では2度宿無しの夜を過ごしましたが、こっちのが3倍くらいキツかったです。

そして翌朝、始発に乗り埼玉へ

と思ったのですが18切符が勿体無いということで一度宇都宮へ行ってから折り返し埼玉へという話になりました、なぜ宇都宮かというと一緒に旅行してたオタクが「ミルキィホームズ」というアニメのオタクで、そのアニメの声優が観光大使をやっていて(以下略

といった風で、聖地巡礼という奴でしょうか、ギョーザ食ったりしました。美味しかったです。

そして埼玉は川越へ、カプセルホテルを取り翌日、友達のオタクはアニサマという声優のライブに行くとやらで姿を消し、僕は1日川越で一人で過ごすこととなりました。

貧乏旅なので移動に金を掛けるわけにもいかず、どうするかと川越駅内部の可愛い女性用雑貨店の目の前で座り込むこと2時間、時刻は12時となり昼飯を食うために飯屋へ、ケータイの充電も足りないのでマックで充電しようとマックに行きましたが店内見渡しても電源タップが一つも見当たらない、ドケチマックは死ね。

ネット依存症の身、ネットから隔離されるのが恐ろしく泣く泣くネカフェへ。

しかし金がないのでオープン席を選んだのが運の尽き、隣のデブオタクがオナニーをはじめ、3時間パック480円の内1時間半ほどの時間をこのデブオタクのアエギ声と乱暴なタイピング音を聞きながら過ごすこととなりました。

そしてカプセルホテル2日目のチェックイン時刻がやっとこさ、喜び勇んでカプセルに入ってケータイをいじっていたのですが18時頃でしょうか、カプセル外の廊下で「殺すぞ!」と酒焼けした声が聞こえるではありませんか。

何かブツブツと宣っております、「殺すぞ、クソバカやろうが、自分の頭で考えろッ」「クソが」「人間ンン、やろうと思えば殺せんだ、殺すぞこのやろう」と、まるで僕のTwitterのような事を。

トイレに行くフリをして見てみれば明らかに泥酔したオッサンでした。周辺のカプセルから微細に漏れるテレビの音などを敏感に聞き分けてはデカイ声で殺害予告を繰り返します。怖いです。

オタクに「キチガイおる、はよ帰ってこい」とLINEを飛ばしたもののあのやろうなかなか帰ってこず、23時過ぎまでずーっとカプセルの中で引きこもっておりました。

そしてオタクがチェックインしすぐに「晩飯だ」と川越駅近くの沖縄の国際通りをしょぼくした感じの通りに行き、キャバのキャッチを華麗に躱しつつ飯屋へ、カップルにはバレないように中指を立てるのも忘れずに。

入った飯屋は値段の割に量も味も微妙でした。

そして「もう二度と埼玉なんて行くか」という決意とともに旅行4日目は終了しました。ほんと治安悪い感じしました。