ハハハ廃墟

サボタージュ

ハハハ一年ハハハ

2004年あけましておめでとうございます🎊

お陰様で7歳の誕生日を無事迎えることができそうです。

大晦日なのに暇なので、私の2003年を月ごとに分けて思い出してみたいと思います。

1月:受験生真っ盛りです。前半18日までは多分僕の人生で一番勉強した期間ですね。センター当日、後ろの女の子が消しゴムを俺のところに落として、しかし僕は慎重な男なので完全に無視を決め込んでいたところ肩まで叩かれ頼まれ結局拾い上げ、お礼を言われ「おっこれは運命的なヤツじゃないのか」と思っていたりしました。

2月:釧路公立大学の合格通知が届き胸を撫でおろし、気が完全に抜けて本命である静岡文化芸術大学の面接内容を何も考えずにヘラヘラとネットに漬かっておりました。

3月:本命であるところの静岡文化芸術大学の受験、なぜか自信満々で前日にオフ会をしたり結局何も対策をせず本番、完全にわけがわからなくなりパニックになり面接最中の記憶が消え、そのせいで自信満々で「いけるいける」という気持ちのみが残り変なテンションで釧路公立大学を辞退。完全にアホでした。

自らのアホさに耐えられなくなり一人県北へ、何の情報もなしに、何の装備もなしに雪山にのぼり、遭難しかけ、パワフルに現実逃避。

4月:入学式、同学科に知り合いがいないと踏んでいて「こりゃボッチかな」と思ったところなぜか知り合いがおり、回避。ホテルの清掃バイトを3日目にして人生初バックレ。

5月:バックレの勢いそのままワンダーフォーゲル部へ、予想の二倍以上の大人数とその熱気とあれやこれやに「こりゃ無理だわ」となり退部、茶道部

6月:大学に慣れ始め、「これ楽勝じゃね?」と思い始める

7月:大学のテストが非常にヌルく、へらへらとする、彼女が出来ていないことに気づく。

8月:夏休みを利用し教習へ、意気ようようとMTで取ろうとするも車のカーブが上手くできず辛くなる、なんとか卒業はできた。

9月:大学再開、夏休み気分が抜けずサボりがちになる。

10月:記憶がない、本免を取ったのは多分この時期。

11月:またもサボりがちになる、出席がヤバくなりそうで焦る。

12月:結局彼女も糞も出来ずに今年が終わる。車の免許は取ったし、いざとなれば出来ることは多いってことがいい感じの現実逃避の薬として効く。いったん素面に戻ればツライ。一年中誰か助けてくれと言っている、誰も助けてはくれない。勿論それは分かっているのです。分かった上で「助けてくれ」と目障りにSNSに発信する事が僕ができるしょっぱい仕返しなのです。助けてくれ。

良いお年を、クソなあなたはいつまでもクソでいてください。クソがクソを辞めるのを見るのは本当にクソなのです。僕が救われるその日まで誰一人幸福になるな。幸福になるような前兆を感じ取り次第死ね。